OMM

OMM

今天想和大家分享:日本OMM山岳馬拉松


被譽為日本登山健行輕量化盛宴。兩天一夜的活動,參與者只能靠紙本地圖和指南針,並在背包中攜帶所有必要的裝備完成比賽。對於自身的體能、地圖判讀及輕量化裝備的靈活應用非常講究。


場地在海拔約1500公尺上下,氣溫範圍大概落在-3 ~ 15度,比賽地形多變,涵蓋公路到滑雪場的陡坡程度。


服飾裝備 - 以輕量、高透氣、高透濕的三層系統為主。由於會有大量跑動,氣溫範圍也相對低溫,我們的行進保暖配置是Ursus 雙開拉鍊外套+ Ursus vest 正反穿背心,使用這種配置極輕量之餘(約200g),也提供最大的溫控調節性,在寒冷時,最高有核心180,手臂90的保暖度,在急速跑動時雙開拉鍊可以隨時拉開散熱,背心快速穿脫的特性也可以節省大量時間,依據不同環境、身體狀況可以調整到最舒適的狀態。


睡眠系統 - 今年最低氣溫-3度,我們使用羽絨被EE Enigma -6度 506g 搭配Yamatomichi的UL Pad 15+ 103g加上Minimalist Pad(背包背板) R值約2.5-3,再搭配兩層90的Alpha Direct(外套+背心),可以舒服的一覺到天亮。

睡覺時穿Alpha Direct可以增加背部的保暖性,刷毛還是可以提供中間保暖的空氣層隔絕地板寒氣,而一般羽絨壓縮性太高,壓扁就沒保暖性了。


OMM是一個實驗輕量化觀念及相對驗證裝備很好的場地,相比於一般單日越野跑賽事,須攜帶過夜裝備,提高了比賽的難度,然而以地圖和指南針尋找每個Point ,就在森林裡像動物一樣到處亂竄,也為比賽提供了極大的樂趣,每尋找到一個Point就可以立即獲得一次成就感,與一般路跑到終點才能獲的成就感有很大的不同,很適合現代人。


我們相信,輕量化的登山健行模式,可以很快樂,很輕鬆,還充滿無限可能的有趣。


今日は皆さんと *日本OMM山岳マラソン* を共有したいと思います。


日本の山岳登山の軽量化の祭典と称されています。2日間のイベントで、参加者は紙の地図とコンパスだけを頼りに、すべての必要な装備をバックパックに詰めて競技を完遂します。自分の体力、地図の読み取り能力、そして軽量装備の柔軟な適用には非常に注意が払われます。


標高約1500メートルの地域で、気温は-3℃から15℃の範囲になります。コースは多様で、公道からスキーリゾートの急斜面まで含まれます。


衣服装備 - 軽量で通気性が高く、透湿性が高い3層システムが主流です。多くの走行があるため、気温が低いため、私たちの移動保温装備はUrsusのダブルジップジャケット+ Ursusベストを正反対に着用し、この設定は非常に軽量(約200g)でありながら、最大の温度調節性を提供し、寒い時には、最大で中心部が180℃、腕が90℃まで保温されます。急速な走行時には、ダブルジップを開いていつでも冷却でき、ベストの速攻着脱の特性により、多くの時間を節約できます。異なる環境や体調に応じて、最も快適な状態に調整できます。


睡眠システム - 今年の最低気温は-3℃で、私たちはEnlightened Equipment Enigma -6℃ 506gのダウンブランケットをYamatomichiのULパッド15+ 103gと組み合わせ、さらにMinimalistパッド(バックパックの背板)のR値は約2.5〜3です。さらに、2層90のAlpha Direct(ジャケット+ベスト)を着用すると、快適に眠れます。寝るときにAlpha Directを着ると背中の保温性が高まり、ブラッシュで中間保温の空気層が床の寒さを遮断します。一般的なダウンは圧縮性が高すぎるため、圧縮されると保温性が失われます。


OMMは軽量化の考え方を実験し、装備の相対的な検証が十分に行われる場所です。通常の1日のトレイルランニングイベントと比べて、オーバーナイト装備を持参する必要があるため、競技の難易度が上がります。しかし、地図とコンパスを使って各ポイントを探すことで、森の中を動物のようにあちこち駆け回ることができ、競技には非常に大きな楽しみがあります。1つのポイントを見つけるたびに、即座に達成感を得ることができ、通常のロードレースとは大きく異なる達成感があります。現代人にとって非常に適しています。


私たちは、軽量化された登山ハイキングのモードが楽しく、リラックスし、無限の可能性に満ちていると信じています。

2023.11.19 

ブログに戻る